コーヒーフィルターによる味の違い

コーヒーフィルターによる味の違い




私は良く100円均一を利用しています。

100円均一のコーヒーフィルターとコーヒーメーカーのフィルターとではいったい何が違うのか。

同じように思われた方も多いのではないでしょうか。


今回は、コーヒーフィルターによる味の違いについて検証していきたいと思います。



検証




100円均一で買ったペーパーフィルターと
コーヒーのメーカーから販売されているペーパーフィルターで実験しました。


◆匂い

・メーカー … 無臭
・100円 … 微かに紙の匂いがする


◆手触り

・メーカー … ざらざらと粗くゴワゴワ
・100円 … なめらかで薄いくペラペラ


◆抽出(透過)速度

それぞれをドリッパーにセットし、同量のお湯(水)を同時に注ぎます。

・メーカー … すーっと適度に落ちる
・100円 … 落ちる速度が遅い


◆コーヒーの香味

・メーカー … 透き通っていてクリアー
・100円 … 若干濁っていて雑味が感じられる



まとめ




メーカーのコーヒーフィルターはコーヒーを抽出するために最適な ペーパーの厚みや質感であるのに対し、
100円均一のコーヒーフィルターは価格を抑えたため、コーヒーを抽出するにはあまり適さない「紙」になっていると感じました。

抽出(透過)速度は、早すぎるとコーヒー成分が十分には抽出されませんが、
逆に遅すぎると雑味などが抽出されてしまうため、風味に与える影響はかなり大きかったです。



コーヒーは嗜好品




コーヒーフィルターにも素材や形に違いがあり、その違いによってコーヒーの風味も変化します。

好みの香味に出会うヒントにしていただけますと幸いです。