コーヒーの保存方法

賞味(美味しく飲める)期限



◆粉の状態では2~3週間

◆豆の状態では30~40日


劣化の原因



◆湿気(水分)

焙煎したコーヒー豆は水分が蒸発し乾燥した状態になっているため湿気を吸収しやすくなります。

◆空気(酸素)

生豆時では酸化しませんが、焙煎することにより酸化し始めます。

◆温度(湿度)

低温で温度変化の影響を受けない環境で保存しましょう。
(冷蔵庫、冷凍庫で保存する場合は注意が必要です。)

◆光(紫外線)

遮光性のある袋や容器を使用しましょう。
(珈琲の王国の袋は裏がシルバーになっております。)


保存方法



上記の湿気(水分)・空気(酸素)・温度(湿度)・光(紫外線)が防げる方法

珈琲の王国の袋のままジップロックやキャニスターに入れると良いでしょう。

使いきるまでに1ヶ月以上かかる場合は、戸棚の中など低温で温度の影響を受けずらい場所に保存しましょう。