pagetop

焙煎方法は大きく分けて3つある

珈琲の王国 Beans510 - 直火焙煎専門店

焙煎方法は大きく分けて

 

・直火焙煎

 

・半熱風焙煎

 

・熱風焙煎

 

の3つがあります。


珈琲の王国では、コーヒー豆の風味を1番に考え、直火焙煎にこだわっています。

 

「直火」という名前のとおり、生豆に直接火をあてて焙煎します。
直火焙煎は、火加減の調整が非常に難しく、煎りムラを抑えるため、豆の色、ハゼ音、煙の排出具合、香り、そして温度や時間で瞬時に見極める熟練の判断力が必要とされます。
   
もっと言うと、
生豆の硬さ、シワの伸び具合、水分量の調節、気温、湿度、煎り止めのタイミングなど、気を付けることは沢山あります。
   
また、直火焙煎は、大きな焙煎機では焙煎できません。
少量ずつしか焙煎できないので、商売的にも効率が悪いと言われております。
ですが、コーヒーが持っている個性を十分に引き出すことが出来る焙煎方法です。
   
珈琲の王国では、
多くの取り扱い銘柄に加え、焙煎方法も指定できるため、機械まかせやプロファイリングでは絶対に出来ません。
技術や手間、時間はかかりますが、コーヒーが持っている個性を十分に引き出すことができる焙煎方法、それが「珈琲の王国の直火焙煎」です。
良いもの、美味しいものを作るには手間暇をかける、焙煎技術の向上がとても大切だと考えています。


1.直火焙煎

 

直火焙煎は、焙煎用の機械の中で豆を直接火にさらす方法です。

直火焙煎はコーヒー豆の風味や香りを十分に引き出すことができます。


2.半熱風焙煎

 

半熱風焙煎は、焙煎機内に熱風を循環させて焙煎する方法です。

焙煎機内で均一な熱風が豆を囲むことで、豆が均等に焙煎されます。

この方法は焙煎の精密度を高め、特定の風味プロファイルを実現するために利用されます。


3.熱風焙煎

 

熱風焙煎は、焙煎機内で高温の熱風を豆に直接吹きかける方法です。

このプロセスでは、直火焙煎や半熱風焙煎とは異なり、焙煎機内に火が使われません。

この方法は焙煎時間を短縮し、特定の風味プロファイルを追求するために用いられます。


 

関連商品